HOME » こんなときに…水素水に期待できる効果まとめ » 生活習慣病対策

生活習慣病対策

このページでは、高血圧糖尿病など生活習慣病対策効果があるといわれる水素水のメカニズムについて紹介します。

膵臓の機能を助ける水素水の糖尿病防止効果とは

糖尿病には1型と2型の2種類があり、1型糖尿病は膵臓がほとんどインスリンを作ることができないため、インスリン注射をし続けることからインスリン依存型糖尿病とも呼ばれるもの。これは糖尿病患者の中で10%もいないといわれています。生活習慣病と呼ばれるのは2型糖尿病で、こちらは中高年で発症するケースが多いのが特徴。

もちろん、遺伝との関係もありますが、乱れた食生活や運動不足などを積み重ねることで、糖尿病に至るのが一般的です。この場合、膵臓はインスリンを作るものの、量が足りなかったり、正常に作用しないために血糖値が上がってしまいます。こちらはインスリン非依存型糖尿病と呼ばれます。

水素水と糖尿病との関係では、膵臓の細胞膜にある脂質が酸化するのを抑制する働きが期待されます。細胞膜の脂質が過酸化脂質になると、細胞機能や内部のミトコンドリアに悪影響を及ぼすため、それを抑制する水素の抗酸化作用が膵臓の機能をサポートするというわけです。

ただし、糖尿病が疑われる状態だと、食事や飲酒など食生活の改善が第一。水素水はあくまで補助的なものであって、きちんと医師の診断を受けることが先決です。

糖尿病以外での水素水の生活習慣病防止効果とは

糖尿病だけでなく現代人は様々な生活習慣病のリスクを抱えています。例えば、血液中に脂肪が増えると活性酸素によって悪玉コレステロールが増え、これにより高血圧や動脈硬化のリスクが高まります。この場合、水素水を摂取することで、水素が活性酸素を水に変えるため、悪玉コレステロールの増加防止になるでしょう。

生活習慣病に対する水素水の臨床試験では、活性酸素が作り出すチオバルビツール酸という物質が尿の含有量で減少したという結果もあり、水素水の抗酸化作用は活性酸素を抑制する働きによって、生活習慣病予防のサポートになると考えられます。

少年エイチについて
友達が少ない幼少期を送り、気がつけば科学雑誌やセルフ実験に溺れる日々を過ごすようになった。名探偵コナンのような頭脳明晰な小学生になりたいが…。実際は、のび太側の人間なんじゃないかと最近現実が見えはじめている小学4年生。
免責事項
このサイトは2016年6月の情報をもとに作成しています。最新の情報は公式サイトをご覧ください。また、少年エイチが実験をしたという設定ではありますが、実際の人物や団体とは関係ありません。ご了承のうえ、当サイトのコンテンツをお楽しみください。(少年エイチの水素水サーバー・ラボ編集部 記)

とくに効果があった水素水サーバーはコレ!

【実験シリーズ】水素水で○○してみた

人気の水素水サーバーおすすめ10選

水素水の代表的な3種類をチェック
【実験シリーズ】水素水で○○してみた
人気の水素水サーバー2week体験談
水素水サーバーFAQ特集
こんなときに…水素水に期待できる効果まとめ

サイトマップ

ページの先頭へ